2014年11月23日

 統制陶器


 一昨日、益子の骨董屋さんで岐阜製
 (美濃)の統制陶器を見つけました。
 戦時中物資を国家が統制していた時
 代の、ちょっと悲しい遺物です。

これは、俗に国民食器と呼ばれていたものだそうで緑の二重
線デザインは主に工場などで使われていたようです。骨董屋
さんには同じデザインの飯椀とお皿がたくさんありましたが、
裏の高台内の印判模様が一番きれいな飯椀を一つ買ってき
ました。戦中派でこれを使っていた方が見れば胸を痛めるで
あろう品物ですが、戦後生まれの焼き物屋には一つは持って
いたい蒐物です。

たまにこれでご飯を食べて往時を偲び、非戦の誓いを新たに
いたしましょう。

関連記事 2014年5月26日 とうせい

posted by かまなりや at 17:11| 焼きもの