2015年05月09日

 かやばん


 10年ほど前に、鎌倉の骨董屋で小振
 りながら良い将棋盤を見つけました。
 手ごろな値段だったのですぐに買い、
 しばらく使っていました。

最近はしみじみ将棋に没頭する時間もなく、埃をかぶってい
ます。この盤、五代目古今亭志ん生も出入りしたという東京
の中村碁盤店という現存する老舗で戦前に作られたもの。
覆い蓋の内側の貼り紙住所は東京市になっています。

材質は本榧(カヤ)柾目の四寸盤、足もクチナシ型で、ヘソ
(血だまり)もしっかりと掘られた造りの良い盤です。私の棋
力には不釣り合いな高級盤ですが、たまに詰将棋など並べ
て楽しんでいます。

折しも棋界では名人戦の真っただ中、羽生名人に行方八段が
挑戦し、現在二勝一敗と名人がリードしている模様。羽生ファ
ンとしては防衛を望むところですが、東北出身の行方八段にも
頑張っていただきたいところです。

今は忙しくて将棋どころではありませんが、晴れて楽隠居の
暁には、この盤でしみじみ将棋でも指して楽しみましょう。

さて、いつになるやら・・・

posted by かまなりや at 18:03| 数寄・骨董・道楽