2015年06月13日

 小鹿田


 『おしかだ』 と読みたくなる地名です
 が、『おんた』 と読みます。九州出身
 の方と、焼き物に興味のある方は間違
 いなく、おんたと読めることでしょう。

画像の湯呑みは小鹿田焼きの特徴的な技法 『飛びカンナ』 
化粧掛けをした素地に、しなりのある焼き物用の曲がりカンナ
で回しながら掻き落としをしていく装飾技法です。長く使って
いますが、単純な模様だけに飽きが来ない素朴な器です。

九州にはまだ伺ったことがありませんが、いつかきちんと訪ね
て焼き物の郷を回ってみたいものです。梅雨の大雨で難儀な
様子がニュースで聞こえてきますが、大きな被害が出ないこと
を祈るばかりです。

唐臼の水音を直に聞いてみたいなぁ。

posted by かまなりや at 18:05| 焼きもの