2015年06月17日

 こまつなうどん


 『小松菜うどん』 なるものを見つけました。
 愛麺家としては興味がむくむく、早速二把
 ほど買って食べてみました。が・・・お味は
 悪くないのですが、美味しさはいま一つ。

小松菜の粉を練り込んだうどんのようですが、これが足を引い
て少々粉くさく、折角のうどんの風味を下げてしまっている模様。
うどんは乾麺ながらとても良いモノで、山形は鶴岡の大山稲庭
うどんと云う秋田以外の稲庭銘柄と云う珍しい逸品。すがわら
製麺さんと云う業者が作っているようです。

このうどん、まだまだ改良の余地があると思います。栄養価の高い
小松菜に着目したのは素晴らしいです、色合いなどはとても綺麗、
乾麺との相性もいいと思います。あとはいかに小松菜の瑞々しい風
味を生かすかでしょう。江戸伝来の変わり蕎麦の技法にヒントがあり
そうな気がします。

さらなる研鑽の向こうに、大いなる可能性を感じる麺だと思います。

posted by かまなりや at 17:26| そば・うどん・麺類