2015年06月21日

 しゃこぱん


 陶芸教室の生徒さんから 『シャコパン』
 を頂戴しました。金沢区柴町のパン店
 『ブレーメン』 さんの名物調理パンで、
 揚げたシャコが中に入っています。

ふんわりしたバターロールのような生地が八の字に作られて、
中にシャコフライが包まれています。そして、メガネのよう見え
るところに美味しいマヨネーズ(タルタルソース?)がたっぷり
乗っています。

何も聞かずに食べたらば、きっとシャコとは気が付かないでしょ
う。何か魚介のフライだということは理解できても、海老かな?
はたまた白身の魚かな?としか認識できないと思います。が・・・
二度めからは中がシャコであると理解して食べますのでその旨
味も感じることができます。 切ってみると一目瞭然! 紛うこと
なき蝦蛄です。

柴漁港はシャコとアナゴで有名なところですが、近年漁獲が激
減して特に蝦蛄はサッパリなのだそうです。このシャコパンも
蝦蛄が揚がらないと発売されません。そういった意味でレアな
調理パンなんですねぇ、横浜八景島にでも行く機会がある方は
ぜひこのシャコパンをお土産にいかがでしょうか。

手に入るか入らないかは、ギャンブルですけどね。

グーグルマップ ブレーメン本店

posted by かまなりや at 00:00| 水・酒・食材