2015年07月02日

 こんぱるゆ


有楽町に 『日本山岳画協会展』 を観に行って来ました。父が所属する会で、毎年この時季に開かれるグループ展ですが今年は79回展といいますから、お店で云えば老舗の風格漂う展示です。山を愛する作家さんたちの力作は、一作一作頗る迫力がありました。



時間に余裕があったので、銀座 『金春湯』 で、しとっ風呂汗を流してきました。さんざめく大都会の片隅の小さなお湯屋さんは創業1863年と云いますから、山岳画協会もビツクリの老舗!ひっそりとしたビル銭湯ながら、番台があり、格天井があり、ペンキ絵があり、九谷焼きのタイル絵まで楽しめるという憩いの湯屋です。

銀座にはもう一軒、一丁目に 『銀座湯』 というお湯屋さんがあります。こちらはまだ行ったことがありませんが、いつか暖簾をくぐってみたいものです。

東京の銭湯はやっぱり、いいですなぁ〜。

金春湯パンフレット 表面 見開き

posted by かまなりや at 19:07| 養生話・献血・湯屋