2015年08月09日

 さんか




電気の窯で焼き締めの皿を焼いてみました。土は信楽の赤土ですが、備前の焼き方を応用しています。真ん中の赤い筋は藁の模様、備前で云う緋襷(ヒダスキ)です。回りの自然釉は土灰の単味を水溶きして筆で塗りつけました、備前では付けゴマと云います。

電気の酸化ですから少々土味が明るくなりますが中々に好ましいデキです。灯油の窯で還元ばかり焼いていますので、目から鱗が落ちました。酸化焼成も面白そうです。

posted by かまなりや at 17:08| 焼きもの