2015年08月15日

 せいうん




昨日夕方、干し物を畳みながら首相の談話をラジオで聞きました。長い談話で回りくどく、相変わらず活舌がよろしからず、原稿を読でいることも手伝ってか人の心に響きにくい印象を受けました。一夜明けて冷静に全文を読んでみると、字で読む印象はまた違ったもので、誰がまとめたものか良くできた原稿だなぁと感心しました。しかしながら談話としての演説はもう少し簡便で、多くの人々の心に素直に届くものであるべきしょう。昨日の時点では、謙虚であれと云うくだりだけがすんなりと同調できました。

戦後70年、時代が降れば降るほどに記憶は遠くなっていくことを停められません。上野の戦争の彰義隊の惨劇然り、戊辰の役の白虎隊の悲劇然り、況や大坂夏の陣や関ヶ原の戦のことを語り継ぐ人々は皆無です。しかし、世界大戦については画像映像の記録もあり、再現技術も発達しました。語り継ぐことは十分可能です。歴史は人の都合で歪曲されるものですが、できる限り正確に後世の人々に継承していくべきでしょう。

戦中派の人々は当たり前のことが当たり前にできないのが戦争と云うもので、当たり前に生きる幸せを殊更に強調されます。我々は当たり前に生きていますので、とても幸せな時代に生まれ育ったのでしょう。まだ終戦からたったの70年、首相は戦後100年の平和を口にしていましたが、100年では物足りません、永久の非戦を今日のこの日の青雲に誓うべきです。

30年後、生きながらえていれば私は82歳。運が良ければ終戦から百年の日本を見ることができるでしょう、その時に日本が放射能まみれになっていないよう、非戦と非核を願い続けましょう。

posted by かまなりや at 18:05| 核は要らない