2015年10月12日

 サクラサク




庭の河津桜に花が咲いています。俗に云う狂い咲きですが、私はこの表現は好きではなく 『かえりざき』 の方が好ましいと思います。この返り咲きの原因は夏に葉が早く落ちるとみられる傾向だそうで、そう云われてみると今年は夏からこっち河津桜の葉に元気が無く、早くに色が落ち台風の風で吹き飛ばされてしまいました。こういった時は木が冬が来たと勘違いをし、その後ちょっと春めいた日になると咲いてしまうのだとか。

木に脳はないのですから思考をしているとは思えませんが、うっかり咲いている木は何だか滑稽で愛らしいものです。秋の花見も乙なもの、しばらく眺めて楽しむとしましょうか。

posted by かまなりや at 17:25| 自然・花・虫・鳥