2016年01月19日

 犬神家




先日、『犬神家の一族』 のリメイク版を観ました。良くできているなと思いましたが、続けざまに前作の方を観ましたら、やっぱり原版の方が良かったです。特に金田一耕助が泊まる宿屋の女中さん 『はる』 は、旧作が坂口良子さん、新作が深田恭子さんで、どちらも良い味を出しているのですけれども、多分に主観的ではありますが坂口さんに軍配が上がります。

然しながらこの 『犬神家』 は、本当によくできた映画で、感心します。良い映画は何度でも見たくなりますので、市川監督を偲びつつまた鑑賞いたしましょう。

posted by かまなりや at 20:06| 時候・紀行・鑑賞