2016年02月25日

 むしき




長年重宝に使っていた電子レンジが、ポクと壊れて沈黙してしまいました。さて、困ったわいと修理・買い替えを考えましたが、はて無ければ無いでいいのではないかと思い当り、暫く脱電子レンジ生活をしようかと蒸し器を引っ張り出してきました。

出窓の、電子レンジのあった場所に置いてみると家電品よりよほど良い姿で、厨房にしっくりなじみます。文明的にはちょっと後退したようにも思いますが、文化的には数歩前進したように思い良い気分です。

春、電力が自由化し、今の電力会社と手を切ることができるようになるまではこのままにしておいて、クリーンな電気を拵える企業と新たに契約をしたら晴れて、電子レンジの導入も検討し直しましょうか。

色々な意味で待ち遠しい春です。

posted by かまなりや at 18:18| 時事・私事・家事