2016年03月11日

 忘じ難く候


市川のとある商業施設の映画館で見た巨大ポップコーンの宣伝が面白く、ついつい写真を撮りました。うすらでかい飼葉桶のようなカップに、ポップコーン山盛りの立て看板が痛快です。



ごく、個人的且つ主観的なことですが、5年前の地震災害のことを忘れたいと願う自分が、心の中に厳然と居ます。恥ずかしいことですが、これが心理学でいう 『適応機制』 の一種である逃避行動ならば自分の弱さの証明に他なりませんが、あるものはあるのですから致し方ありますまい。そのことは肯定します、が、原子力発電所の事故のことはどうにも心が消化できません。これだけは、忘れようとする自分を叱咤し、いつまでも心にわだかまらせて付き合いたいと心に決めています。忘れた時点で人間失格と戒め、故郷を失った人たちの心を理解するための努力を惜しみますまい。

忘れないこと。 簡単なようで、随分と難しいことです。

posted by かまなりや at 22:10| 哲・考・生