2016年05月07日

 きりんざん




おもしろい名前のお酒をいただきました。その名も 『はでっぱの香』 香は、かおりと読ませるのであろうと思います。醸しているのは麒麟山酒造ですが、このお酒は地元酒販店の有志の皆さんが地元のお米と水と酵母で作り上げた地に足の着いたお酒です。

一口飲んですぐに気に入りました。まず、呑み口が良くサラリとしていること、でもお米の旨味はきちんと残り、甘みと辛さがバランスよく調和しています。毎日呑んでも飽きが来ないでしょう、素晴らしい。何より吟醸造りではないのが良いです。昨今やおら米を磨いた酒がもてはやされていますが、精米歩合は60%も磨けば充分です。酒をちいと覚えた人たちは、やれ吟醸だ大吟だと云って背伸びをしたがるものですが、そういう人に限って普段は清酒を呑んでおらず、片腹の痛いことです。たま〜に嗜むにはそりゃぁ吟醸も良いでしょうけれど、毎日では香りが鼻につきます。毎日の晩酌にはやっぱり本醸造のお酒がすーっと体に沁み渡ります。

高かろう良かろうの論理はお酒の世界でも当てはまりますが、身の丈に合った物を季節の旬肴に合わせて楽しむのがお酒道。気の置けない仲間と 『はで場』 で呑むこういうお酒こそが本当に良いお酒なのだと思います。 いや、お見事!

posted by かまなりや at 00:00| 水・酒・食材