2016年05月10日

 こまつな




江戸川区の事業所に出稽古に行くようになって小松菜のお土産の楽しみができました。八代将軍吉宗が命名したとされる小松川村の小松菜は江戸時代からの名産で、露地では冬菜として栽培されていたようですが今は通年ハウスで栽培されています。

朝採れの新鮮なものがそこここで売られていて、野菜の自動販売機でひょいと買うことができます。ちなみに画像の物は20杷で一束、およそ900gで200円。安い!そして、しゃっきしゃきで美味い! 味噌汁、お浸し、炒め物と何にでも重宝に使えて栄養満点。鉄分豊富。

貧血気味の皆様、江戸川の小松菜を食べましょう。

ちなみに私は西一之江二丁目の大塲さんの直売所で買ってます。

posted by かまなりや at 21:26| 水・酒・食材