2016年06月26日

 こん倒




昨日、疲労が極点に達し、倒れました。と云うと、意識を失って救急車でも呼んだかのように思われるかもしれまが、さすがにそれほどの緊急事態ではなく、ものも言えないほど疲れ果て、倒れるように寝た。ということです。9時にぶっ倒れて昏睡し、明け方3時に這うように一度小用を足し、またもや昏倒、目が覚めたら7時でした。都合10時間寝ました。

良く寝て、気分はすっきりしましたが、疲れは残り、こんなことを続けていたら命が危ないぞと自嘲し、今日は全ての作業を中断し、休養しました。カレンダーを見て確認したら、24日間働き詰めでした、怠け者には快挙です。本当に疲れ果てるというのは初体験で、ああ、こんな風になるのかと発見があって面白いことです。結句こういう具合に休むことになるのですから、はなから休みを組み込んだ日程構築ができないのが諸悪の根源。これを機にスケジュールの組み立てを再考しましょう。

今はかなり穏やかな気持ちです。日曜日に人並みに鰹などつつきながら安らかに晩酌していると、ふつふつと幸福を感じます。明日からまた多忙は猖獗を極めることでしょうけれど、上手に休息を挟んでがんばりましょう。

夏も少しずつ、本番です。

posted by かまなりや at 18:11| 養生話・献血・湯屋