2016年10月13日

 貝殻焼締字文花入




先日、記念品製作のお礼方々日本橋箱崎町のCAC様へご挨拶に伺いましたら、本社ビル最上階の応接室にお通し下さり、社長様と製作の苦労話や釉薬のことなどゆっくりとお話をさせていただきました。3年前の個展で展示した 『え』 と指書きした貝殻焼き締めの花入れを差し上げたところたいそう喜んでいただき、応接室の棚に飾って下さいました。然しながら棚には有田焼人間国宝井上萬二先生の 『黄緑釉牡丹彫文壺』 が、どどんと聳えており、ひょえぇええとぶったまげていると、製作した記念品カップともども一緒に並べて写真を撮ってくださいました。

井上萬二氏は御年87歳、佐賀県では早くも米寿記念展が開催されています。この画像からもそのフォルムの品の良さが匂いますし、実際持たせてもらうと大きな壺にもかかわらず軽くできており、そのロクロ技術はやはり日本最高峰であると実感しつつ、唸り乍らも矯めつ眇めつ鑑賞させていただきました。

さて、私も一職人としてまだまだ腕を磨かねばなりません。今回の2000個の製作でたくさんの糧を得ました。技術、体力、精神力、相撲でいう心技体は伊達ではないことが理解できました。この経験を宝にもう一枚上を目指して稽古に励みましょう。 どすこい!

関連記事 2013年8月24日 え!

posted by かまなりや at 17:21| 焼きもの