2017年02月06日

 ケータイ




通信事業各社は、いよいよガラパゴス型携帯端末(この呼称にはずーっと違和感を感じています。)所謂ガラケー(この呼び名には更に蔑視されているような不快感すら覚えます。)の生産を終えるようです。さてさて、私は携帯型電話機としてのこの形状が好きでまた、用途も電話と簡単な文字通信が中心なので安く使えるこの端末が良いのですが、スマートフォンを売りたい各社の囲い込みに抗う術を持ち合わせません。さて、どうしよう。まあ、大きな流れには逆らえませんので、ゆっくり考えましょう。

いずれ時代はスマートフォンよりも進化した端末を生み出し、スマフォも新しい機種にとって代わられてガラスマなどと云われる時代も来るのでしょうか。

未来は、わからないからこそ、面白いですねぇ。

posted by かまなりや at 20:12| パソコン・デジカメ