2017年07月31日

 つるのゆ




江戸川銭湯スタンプラリー(2017)5軒目は北小岩の 『鶴の湯』 さんへ行ってきました。どうですか、この堂々たる入母屋造り!高い煙突、千鳥破風の入り口暖簾をくぐれば番台さんが居て、脱衣所は格天井、洗い場は開放的で天井高く、湯船はきりっと熱め、カランからは勢いよく水と湯がほとばしり、ケロリン型桶には鶴の湯のロゴ入り、どーんと描かれた富士山のペンキ絵は田中みずきさんの作ときました。も〜、否の打ち所のない東京型の銭湯です。

番台の女将さんに判子を頼むと、『閑じゃなきゃできないわよね〜、こんなの』 と、主催側のご意見とも思えぬ歯に衣着せぬご意見が飛び出し、『いやいや、忙しい中で集めるのがまた楽しいんですよ』 などと軽口を返しながら記念品のタオルを貰ってきました。

前回が近代式スーパー型銭湯でいささか食傷していましたので、鶴の湯さんのカルキの効いたお湯につかって溜飲が下がりました。7月一杯で無料駐車場が利用できなくなるとのことで、滑り込みセーフで駐車料金も使わずに済み、ラッキーでした。近所にこんないいお風呂屋さんがある北小岩の住民の皆さんが頗る羨ましいです。

ここは間違いなく江戸川銭湯ベスト5(若林選)に入ります。

関連記事 2017年7月25日 よんけんめ

田中みずきさんのブログ 鶴の湯ペンキ絵制作日記

posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋