2017年08月15日

 しんかえん




2年ぶりに 『新華園本店』 の、釜石ラーメン(550円)を食べました。いやぁ、やっぱり美味い!

極細の縮れ麺、琥珀色の清湯(ちんたん)スープ、トッピングは焼き豚とシナチクとネギというシンプルさ。一口で言うと昭和っぽい所謂 『中華そば』 なのですが、新華園のこのラーメンには調理人の並々ならぬ愛と技術が込められているんです。実はこのラーメンは本店店主の西条優度さんと、新華園NAKAZUMA店主の西条公滋さんの合作。製麺は弟さんの公滋さんが手がけていられる自家製麺なのです。私はこの極細麺に惚れて、何年か前に公滋さんに直接お会いしてお話を伺いました。(実直な職人気質という印象の方でした)機械打ちながら加水を加減して打ち粉を丁寧にしながら打つそうで、かんすいは極力控えめに使っているそうです。いずれは地粉での製麺も試みたいと仰っていられました。

さてでは麺だけが美味しいのかというとさにあらず、スープは濁りのないまろやかなもので、豚骨、鶏がら、節類などを使うそうです。何かの動画でチラッと見ましたが下処理にすごく時間をかけて丁寧にスープをとっていました。このスープがまたじんわりと体にしみる旨さで、麺を食べた後にゆっくりと飲み干すとそれはそれは幸福な気分になります。

いずれ中華麺も手打ちしようと思っていますが、目指す形はこの新華園の麺になることは間違いありません。一朝一夕に真似のできるものではありませんが、及ばずながらも目標とさせていただきましょう。

孤高の釜石ラーメン、ごちそうさまでした。

posted by かまなりや at 00:00| そば・うどん・麺類