2017年09月22日

 とものゆ



江戸川銭湯スタンプラリーも架橋に差し掛かりました。19軒目訪問の湯屋は、東小岩の 『友の湯』 さん。千葉街道と柴又街道が交差する四つ角に面してドンと建つ名物銭湯です。〈友の湯公式サイト


何が名物かというと入り口ホールにあるHOゲージの鉄道模型大ジオラマです。ご主人の手作りらしいのですが鉄道ファンにはたまらない目の保養でしょう。


そしてもう一つの名物がロビーに飼われている猫ちゃんたち。4〜5匹の猫がゆったりと寝そべっていて、湯上りのお客さんが猫を撫でている姿はなんとも微笑ましいものです。

然しながら、ここの本当の名物は 『軟水』 という泉質(温泉ではないので水質というべきか)です。何やら軟水を作る機械で水を磨き上げるとか何とか云う説明が書かれていましたが、そのエビデンスについてはこの際、措きましょう。カランのお湯も湯船の湯も実にぬるぬるとなめっこく、ほんのりと塩素を感じました。アルカリの温泉に入っているような気分でした。

さて、今回のスタンプラリーもあと一軒、最後の一軒は出稽古先作業所の目の前にある 『日の出湯』 さんと決めています。すっかり顔なじみとなった番台の女将さんと、久しぶりに会うのが楽しみです。

関連記事 2017年9月20日 18

〈画像は携帯電話のカメラで撮影〉

posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋