2017年11月05日

 しみずゆ



一昨日、久しぶりに、鎌倉材木座の『清水湯』さんに行って来ました。もう、かれこれ数年ぶりですが、材木座の海岸からちょっと入った閑静な住宅街にどっしりと建つ日本建築のお湯屋は健在でした。ここは、東京型銭湯とちょっと形式が違って湯船が洗い場の中心にあります。関西方面では多い造りですが、関東では珍しいと思います。お湯はきりっと熱め(とは云え東京下町の熱い湯に比べれば気持ち良い位の温度)ペンキ絵は無く九谷焼のタイル絵が散りばめられています。勿論、番台も健在!現在鎌倉市には5軒の銭湯がありますが、その内4軒は大船の駅周辺です。古都鎌倉の湯屋はこの清水湯さん1軒のみ。これから新規に銭湯が開業することは考えにくいですので、ぜひとも頑張って続けて欲しいものです。


湯上りに夕暮れの材木座海岸で涼みましたが、海からの秋風がそれはそれは心地よかったです。

posted by かまなりや at 18:26| 養生話・献血・湯屋