2017年11月12日

 ひゃくかわてん




今月の芋乃市場は、東京の靴作家、曽田耕さんの『KO百革展』を開催します。曽田さんはここのところ『100bags』と謳った100点モノの展示会を各地で展開していらっしゃいますが、芋乃市場ではバッグ、スリッパ、小物などなど織り交ぜての100点展示を提案してくださいました。さてでは、タイトルをどのようにしましょうか?とご相談したところ、お任せしますと仰ってくださったので、ではでは洒落の効いたタイトルを捻ってみましょうと請けあいました。

『KO百革展』は、こうひゃくかわてん、若しくは、こうひゃくかくてん、と字面どおり(革の字は音、訓どちらでも)に読んでください。でもね、ひゃくを促音化してひゃっかと読んで、KOをアルファベット読みすると、東京にあるデパートの洒落になっているんです。ちょっと字余りではありますが、こういう洒落を考えると嬉しくてついついワルノリしてしまうんですよねぇ。 括弧笑

そんな11月の芋乃市場は、おソバも新粉になります。どうぞ皆様、初冬の横浜へ足をお運び願います。

posted by かまなりや at 18:32| 芋乃市場