2018年01月13日

 本業始め




工房の仕事始めは素焼きの初窯を焚きながら、気を引き締めて早朝の轆轤仕事をしました。寒いのでお湯を使って挽いていたら、ほんの2時間ほどで右手が霜焼けのようになっちゃいました。

体はまだまだ、ぶったるんだままのようです。

posted by かまなりや at 21:37| 焼きもの