2018年02月12日

 ひとやすみ




ちらちらと咲き始めていた河津桜が、先日の雪とその後の寒波ですっかり霜げて、咲きかけの花は萎れ蕾は硬く閉じて、何だかしょんぼりとしてしまいました。一休みといった印象です。

斯く云う私も、やっと、丸一日完全な休日が作れました。今日は祝日でもあり、人並みに休暇しています。思えば1月の連休明けから凡そ5週間完全休日は0日、我ながら良く働いたものです。

今日は仕事に関する思考・感情は完全に停止し、生命の維持以外の生産的行動を一切せず、惰眠を貪りながらデクノボーな一日を楽しむとしましょう。

河津桜になったような心境です。


<16:30追記>

記事に書いた通りの木偶の坊な一日も陽が暮れようとしています。予定通り生命の維持以外には心身を浪費せず、ただただぼんやりとした一日を過ごしました。こんな穏やかな一日はまたとない幸甚だと思いますが、こうまで疲弊してしまっては、ほぼ病人と変わらないのでは?と瑣末な疑問もよぎります。(数値的には健康でインフルにも罹らず働ける丈夫な体を呉れた両親に感謝!)ま、何はともあれそろそろ夕刻、一風呂浴びて体を清め、晩酌で心を慰め、夜もしっかりと眠りましょう。 果報、果報。

posted by かまなりや at 11:37| 養生話・献血・湯屋