2018年04月19日

 さばかん




缶詰というのを考えた人はつくづく偉いものだと思います。常温で保存が効いて、保存料のような添加物も過度に必要なく、どこでもパカッと空けて食べられる上に食器要らず。一昔前は『缶切り』が必要でしたが、最近のものはプルタブで開けることができるので頗る重宝です。

色々な缶詰がありますが、サバ缶ほど使い勝手が良くて美味しいものは無いでしょう。栄養もあって言うことありません。水煮、味噌煮、オイル漬け等々、一缶あればご飯のおかずに酒の肴に大活躍です。画像は近所のスーパーで安売りしていた、ちょうした印(田原缶詰)の水煮缶。お奨め品で139円(定価165円)でした。さあ、これを肴に今日も晩酌いたしましょう。

posted by かまなりや at 18:11| 梅干し・漬物・保存食