2018年08月29日

 DEVOCHKA




昨夜、モスクワ在住の友人のお嬢さんの作品展『ジェーヴォチカ』を見に高円寺へ行ってきました。私は江戸川へ出稽古だったので、夕方仕事が終わったその足でまっつぐ西へ、会場となっているFAITHで家人と待ち合わせました。作家のReiさんは17歳、日本で言えば高校生です。母親のKeikoさんとは茨城修行時代からのご縁で、モスクワに引越しされてからも来日されるたびにちょくちょく親子お揃いで遊びに来てくれて、仲良くさせていただいていましたが、昨夜は久しぶりに会ったレイちゃんがすっかりきれいな娘さんになっていてビツクリ。作品を見せていただき、一緒に写真を撮ったり楽しい時間でした。

ロシア文学をパロッたプリントのバッグを一つ買い求めて、作家さんのサインをいただきました。実はこれ、アウトレット品でオリジナルの絵と手の位置が違います。聞けば版画担当のKeikoさんがちょっとミスったとか。そういうちょっと捻りの効いた物が好きな拗ね者の私は、迷わずオリジナルプリントではなくこちらをいただいてきました。早速このバッグに着替えを入れて、江戸川の銭湯を廻りましょう。

Reiさんの益々のご活躍を、末席ながら応援しております。

posted by かまなりや at 18:55| 時候・紀行・鑑賞