2018年09月30日

 20 個





江戸川銭湯スタンプラリーは遂に20個の判子が集まり、コンプリートしましたー。やんや、やんや。記念すべき20軒目は、出稽古先の目と鼻の先、一番回数多く暖簾をくぐっている『日の出湯』さん。昨日の仕事終り、とっぷりと日の暮れた時間に暖簾をくぐると女将さんがフロントにいらして「あら、しばらくねぇ〜」とにこやかに声をかけて下さり「どーもご無沙汰してます、あちこち廻ってたもんですから」などと言い言い台紙を渡すと「ウチの判子は松竹梅なのよ」と、締めに相応しい赤いインクできれいに押して下さいました。そして、「記念品揃えておきますから、ゆっくり入ってらっしゃいな」と、これまた嬉しいお言葉をいただき、のんびりと湯を使ってきました。

今月は夏の疲れと繁忙が重なってかなり疲労気味でしたが、江戸前のお湯と日の出湯の女将さんの人情で体も心も平癒しました。明日は半月ぶりに一日休みが作れそうですので、さらにゆっくりとして一等脆弱な脳を休めようと思います。

景品等の詳細は後日ご報告ということで、まずは20軒完遂、めでたしめでたし。

posted by かまなりや at 17:33| 養生話・献血・湯屋