2018年11月19日

 じゅうさんまん




先日、我が社の営業車スバルサンバーがまたもやオーバーヒートでエンコしてしまいました。当該車両は大田区の国道15号平和島付近からレッカー移動され、川崎の行きつけの修理工場へ直行。前回の時は横浜市内でしたので倅に救援に来てもらいましたが、今回は江戸川への通勤途中だったので難儀しました。運良く任意保険ロードサービスのレッカー車がすぐに来てくれて、修理工場の受け入れもスムーズに運び、2日ほどの入庫で治ってきましたが、修理費用は4万円…想定外の痛い出費です。

サンバーは、リアエンジン後輪駆動いわゆるRR車なので車両前部のラジエターからエンジンへ冷却液をホースで循環しています。整備さんの話では、前回はエンジンからラジエーターへ向かう側のホース破損、そして今回はエンジンへ向かう側のホースの破損とのこと。RRの弱点に泣いた故障と言えましょう。8万キロの中古で買った車は今や13万キロ、まだまだ乗る気でいますがさてどこまで動いてくれるのか甚だ心許ない気はします。

頑張れ、サンバーディアス。

関連記事 2016年7月24日 えんこ

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物