2019年02月13日

 しょくれぽ


11〜12日にかけて、仕入れと打ち合わせを兼ねて益子へ行ってきました。が、撮った画像は只の3枚だけ。内2枚がこれです。と、言うわけで美味しかったお料理についてレポートさせていただきます。

こちら、宇都宮市針ヶ谷町のレストラン『トモクラフト028カフェ』さんのカレーです。鎌倉アトリエenの岩本さんの元ご同僚がやっている所謂おうちカフェ。民家を改築した小体なお店は静かな住宅街の中にあり、アットホームな空間で、ランチには美味しいカレーと軽食がいただけます。カレーはスパイシーとマイルドが選べ、へなちょこな私は迷わずマイルドをお願いし、辛過ぎないカレーを美味しくいただきました。画像からも見て取れると思いますが、よーく煮込んだであろうカレーは旨味が凝縮されていて黒米入りのご飯とあいまって体にすーっと沁みこみます。洋食なのでそぐわない表現でしょうけれど、薬膳といって差し支えないと思います。インドの文化が日本で素晴らしい薬食となって根付いていることに感慨深いものを感じずには居れないお味でした。こちらは朝食の時間帯も営業しているとのこと。近くだったら繁く通いたいお店です。


こちらは益子『キッチンスロープ』さんの鹿肉のロースト。軟らか〜くてクセの無い鹿肉に絶妙な火の入れ具合で、ほんのり甘めのソースがトロリとかかってそれはそれは美味でした。スロープさんは基本、夜の営業はしていないのですがKINTAさんのご紹介ということもあって前もってお願いすると可能な場合に限りやって下さいます。この日の宵も前菜からパスタに至るまで季節の食材をふんだんに取り入れたお料理とオーガニックワインで極上の幸せを味わいました。シェフの坂口さんの食材への心配りと、安全で美味しい野菜の取り合わせの絶妙は唸るばかりです。画像はありませんが、旬のいちご(とちおとめ)とモッツアレッラとトマトの前菜はそれはそれは新鮮で美味しかった〜。

食事は裏返せば残酷な大殺戮ですが、美味しい物を食べる幸福は世界万民共通。生きるための殺生は正当化されますので、余さず美味しく有り難く頂戴いたしましょう。

お命、大事にいただきました。感謝!

posted by かまなりや at 19:09| 水・酒・食材