2019年06月04日

 くらま




休暇中です。

今日は久しぶりに西荻窪の鞍馬さんへ、午後2時過ぎのお客さんが落ち着く時間帯を見計らって、鴨汁のおそばで四季桜の冷やを楽しんできました。それでもお店にはお客さんが結構にいらっしゃって、人気のほどは衰え知らず、唸りますな〜。

店主の吹田さんの打つおそばはほんのりと甘く、打ち手の愛を感じました。そーっと茹で場も覗き見しちゃいましたが、茹で方、おそばの揚げ方、実にソフトな手運びで感動しました。

浮世の塵にまみれ たら、鞍馬のソバが救ってくれる(杉浦日向子師『ソバ屋で憩う』より)

と、そういうことなんです。

posted by かまなりや at 00:00| そば・うどん・麺類