2019年07月11日

 ぶんこ




入院中に家人が差し入れてくれた池井戸潤さんの『陸王』ずっと読みたいと思っていた小説ですが中々文庫に降りずじりじりしていた本です。閑な入院中貪るように呼んでいましたが読み終わらず、退院後に自宅で療養しながら読み終えました。テレビドラマを見て感動し、マグカップまで購入した大好きな物語ですのでとても楽しく読みました。やはり活字で読むのは良いもので、行間に読み手の気持ちを素直に織り込んで膨らませつつ、感動で洟をたらしながら泣き泣き読みました。

零細な中小企業が悪戦苦闘の末新規事業で活路を見出すというストーリーに、故障で再起を図るアスリートの人生が上手く織り成されて開きさせない展開は流石小説巧者の池井戸氏、ずぶずぶとのめりこんで小説世界に浸りました。吹けば飛ぶような個人工房の私達も、新天地を模索して活路を開こうとしています。そんな気持ちにも同調して、こはぜ屋さんの奮闘振りはとても励みになりました。

勝ち虫と呼ばれるトンボにあやかって、かまなりやも一層の飛躍を目指してがんばりましょう。

関連記事  2017年11月25日 りくおう

posted by かまなりや at 19:18|