2020年04月16日

 いちご



栃木県は苺の生産が盛んです。ご存知の方も多いと思いますが『とちおとめ』発祥県であり、いちごの生産量は50年以上全国一位を独走しています。益子町も勿論いちご農家がたくさんあり、ハウス栽培技術の進歩で12月から5月までいちご狩りが楽しめます。画像は益子吉村農園さんのアウトレットサービスパック、500g以上入って500円というお買得品、とちおとめやスカイベリーのミックスで、大きさはまちまちですがコストパフォーマンスに優れた詰め合わせです。


こちらが農園の正面、ずらりと並んだハウスには10種類のいちごが栽培されており、いちご狩りは何と『時間無制限』9:00〜16:00まで食べ放題という大サービス。そして更にお値段お一人1600円(季節によって200円ほどの増減があります)というお手ごろ価格。

今年はあとひと月ほどでシーズンは終わりますが、まだまだいちご狩りのチャンスはありますよー。とは言え、狭いハウスに群がってしまうのは実に危険ですので、今年はお奨めできませんねぇ、来年ウィルス騒ぎが収束したらぜひ、益子のいちご狩りにいらしてください。

posted by かまなりや at 19:22| 益子