2020年07月21日

 さしきそのご


84448A59-A574-4B7E-817B-D0F803DCECE1.jpeg

今月1日に挿木をしたソメイヨシノの枝は、ほとんどの枝の葉が一枚落ちて少々頼りなくなってしまいましたが、7本のうち5本が一枚の葉ながらもがんばって生きています。ひとつだけ2枚葉が残っていて頼もしい限りですが、これもまだまだ安心はできません。

挿木をしてからちょうど20日間、結構良い成績のような気がします。調べたサイトでは沢山挿木をして数本でも着けば儲け物といって良いほど発根の確率が低いと書いてありました。2枚とも葉が落ちてしまった枝は少々悲観的ではありますが、枝だけでも発根する個体もあるととある園芸家さんは仰っていますので、諦めずに水やりと観察は続けましょう。

横浜で挿したものですが、昨日益子へ移動しました。これからはここの気候で培養し、運良く苗木に成長したら大きさを見計らって地植えにしてあげましょう。20年もすればひとかどの若木になるでしょうから、その暁にはのんびりとお花見をしましょうか。20年後こちらも運良く永らえていれば77歳、喜寿のお祝いは満開の桜の下で祝いましょう。

まだまだ、人生は長いですな。

posted by かまなりや at 16:47| 修理・営繕・庭仕事