2020年10月01日

 2020年産米


F28D564E-389E-4B91-9AD3-A3509668DF2F.jpeg

益子の家のお隣様から地元産の新米をいただきました。品種は『コシヒカリ』この辺りはやはり、この品種が主流のようです。栃木のお米は比較的粒が小さく、茨城の物と比べると少々こじんまりしているように感じます。が、味は劣らずもっちりと粘り気があって甘味のある美味しいお米です。

連休の間は益子で家族と過ごしていましたが、月末に横浜に戻って一人気侭に自炊をしています。画像は昨日の朝に文化鍋で炊いたピカピカの銀シャリ、おかずは味噌汁、納豆、玉子、たくわん漬け、といういかにもシンプルな日本の朝飯を堪能しました。

逆単身赴任的な一人暮らしもかれこれ半年ほどになります。中年おやじの単身生活を気遣ってか多くの方から「何食べてるの?」とのご質問をいただきます。料理はあまり得意ではなく、作れるものは決まっているのですが、ご飯と味噌汁と麺類さえあれば困ることはないので、おかずはスーパーのお惣菜を利用したり缶詰めを使ったり、メザシや干物魚を買ってきては焼いて食べています。

真夏のピークは去って、季節は冬へ向かって進みます。お米を筆頭に秋の美味しい野菜や果物が売り場に並ぶことでしょう。夏の暑さで疲弊した心身を癒つつ、冬への備えに気を配るとしましょう。今年も残すところ九十日余り、どうぞ皆さまウィルス感染に気を付けつつ、良い秋をお楽しみ願います。

posted by かまなりや at 19:04| 水・酒・食材