2012年07月21日

 17G


昨日、ふた月ぶりに献血に行ってきました。
すっかり行きつけとなった横浜駅東口の献血ルームで、まったりと一時間、
成分献血をして参りました。

 献血で本採血に使う針は太いです。針のサイズはゲージという
 単位で表されますが、献血針は17ゲージ、これは1インチの
 17分の1という寸法で、およそ1.4oです。これがブスリと来る
 のですから痛いです。ところがこの穿刺が看護師さんに
よってかなり技術差があって、時々に感触が違います。昨日の看護師さん
は下手ではないのですが何かためらいがちでちびっと痛かったです。上手な
看護師さんは、狙った血管にすいっと通します。チクリとはしますが気持ちが
良いものです。いわゆるいい仕事というやつでしょうか、その手つきや穿刺の
職人芸は見ていてもうっとりしますし、すっと太針が通ると思わず 『あぁーん』 と
声が出そうになります。

東口ルームは手練れ揃いなのですが、ひと方もの凄くこの穿刺の上手な方が
いらして、密かに私はその方に針を通して欲しいと願いつつ伺うのです。が、
中々にそうそう運良くめぐりあわせるものではありません。しかしながら幸運にも
昨日は、事前の検査での採血がその方で、細い針ながら(21G)刺してもらい、
感激しました。声は出しませんでしたが、血圧は上がったと思います。

次回は8月頃にまた伺う予定です。
東口ルームの皆さん、その節は又よろしくお願いします。

山形の献血ルーム スタッフブログ
わかりやすく針の話が出ています。




posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋