2012年07月01日

 No! Ooi


今日、大飯原発がまた動き出してしまいます。
つくづく人間は愚かな生き物で呆れます。でもまあ、地元は望んでいるのですから、
相思相愛でしょうか。若狭湾に大きな地震が来ないことを祈るばかりです。

 上半期の我が家の電気代の集計が出、アンペアダウンや節電の
 効果が具体的に数字に表れました。この半年で私達家族3人が東電
 に払った電気料金(工房除く)は、26,540円 ひと月平均4,423円
  1日およそ147円一人一日49円ということになります。イエイ! 
がしかし、アホタレ東電に一日50円も払っているかと思えば癪です。さて、さらに
非電化するにはどうすれば良いでしょうか?照明は全てREDに変えましたし、ラジオ
は電池で聞いています。パソコン使用は効率を最優先し、モニターの照度も落として
います。電子レンジとオーブントースターは緊急時以外使わないようにし、ドライヤー
は一人一回3分以内と決めました。あとは冷蔵庫と洗濯機をどうにかするくらいしか
手がありません。まあ、当面はこの50円を維持していきましょう。感覚的なものです
が、30円くらいなら払ってやっても良いでしょう。下半期、若林家の電気料金目標は
一日90円、一月2,700円、半期16,200円と設定し、努力いたしましょう。

電気エネルギーが嫌いなのではありませんし、きちんとした企業なら大いに利用した
いです。でも暫くは東京電力には心を許せません。福島には溶けた核燃料が永久に残り、
各原発の使用済み核燃料には、行き場すらないのです。せめてもう核廃棄物を増やさず、
処理方法に英知と予算を傾けるべきなのに・・・政治と経済の仕組みがそれを許さない
からには、ひたひたと滅びの方向へ向かうしかありますまい。我々の世代は原発と心中
もやぶさかではないですが、子供達の未来を奪うことに心が痛みます。

しかーし! 諦めずにせめて選挙で一矢報いましょう。このぶんでは、いずれ総選挙に
なるでしょう、しっかり考えて、未来を託せる政治家を選びましょう。

あー、今日は熱暴走しなくて良かった。

手軽且つパワフルな家庭用バッテリーが安価に普及し、その充電が小型の家庭用ソーラーで
できるようになれば、多くの家電品が発電所から切り離せるのではと思います。




posted by かまなりや at 00:00| 核は要らない