2012年08月03日

 三日目


 十郎梅の天日干しも順調に三日目の夕方となりました。
 こんがりと陽に焼かれてとても良い面構えになりました。粒
 が大きかったので三日で干し上がらないかとも思いましたが、
 この猛暑が功を奏したようです。あと一晩夜露に当てて、明日
の早朝には取り込みましょう。梅酢も三升できました。三日間、夜も気がかりで
眠りが浅く、朝は5時前に起きて梅を返し、日中も常に気にかけていましたので
毎年のことではありますが神経が疲れました。あともうひとがんばり、今夜さえ
雨が降らなければ美味しい梅干しができあがるでしょう。

三日目はヘタ部分を上にして干しあげます。 名付けて 『へそぼし』 これが
案外手間がかかるんですよねぇ、でも何かやはり自分なりの工夫をしないと気が
すまないのです。 『そこまでやるか!』 と、言われたいのです。

夜露にあてると柔らかくなるのだそうです。ウチは三日三晩出しっぱなしです。



 2012年の十郎梅干しも無事に完成しました。今朝5時過ぎに
 ビンに納めました。朝ご飯に味見をしてみましたが、まだ酸味
 が強く塩気もたっていて若い味です。これから半年ほど熟成
 をかけて販売しましょう。ホッとしたら急に眠くなって、朝食後
にひと眠りしました。たった1時間ほどでしたが久しぶりにぐっすりと睡眠に集中
できました。今夜は暑さも少々緩むという予報ですから、さらにしっかりと寝て
体力を快復しましょう。 まずは、めでたし、めでたし。

一粒ずつ検品しつつビン詰め終了。 2012年8月4日午前6時19分


posted by かまなりや at 16:41| 梅干し・漬物・保存食