2012年08月13日

 くらま


 久しぶりに西荻窪の鞍馬さんへ昼酒を呑りに行ってきました。午後
 の、お客さんが一段落した時間に暖簾をくぐりお気に入りの奥まっ
 た席に根を生やし、栃木の名酒 『四季桜』 をちびりちびりと呑み
 ながら本など読んで、まったりと気の養いをして参りました。
色々なお蕎麦屋さんに行きますが、東京では今のところここ鞍馬さんが一等のお気に
入りです。地元神奈川ではやはり師匠のお店鷺沼よしみやさんが一番ですが、一点
やはり師匠のお店では多少の緊張がありまた、少々お店が広いのでお客さんが少ない
と心持ち淋しくなるような気がします。これは人間のスケールの問題でしょう、鞍馬さん
はそう言っっちゃうと失礼になるかもしれませんが小体なお店で、自分の尺にちょうど良い
広さなのだと思います。また、荻窪生まれでこの界隈の雑多な空気も肌に合うのです。

今日は久しぶりに鴨汁そばを手繰ってきました。常陸秋蕎麦十割を水だけで打ったとは
思えない朗らかなおソバにはいつもながら唸ります。下駄履きで来られる距離ではない
ので時間を拵えないと伺えないお店ではありますが、年に一度は憩いに来たいお店です。
いつまでも西荻のこの地にあり続けて欲しいですねぇ。

うっかりすると見落としてしまいそうな地味な店構え。今日は写真ではなく絵を描いて
みました。パースも何もめちゃくちゃですが、店の雰囲気は描けたように思います。


posted by かまなりや at 19:12| お蕎麦屋・麺物屋