2012年09月01日

 ブ ツ


 先月、靴作家の曽田耕さんから沢山いただいたブツを草履
 に貼ってみました。作者が同じだけあってとてもしっくりきまし
 た。少々皮の色が違いますが、1年も履いていればすっかり
 同化するでしょう。 グレードアーップ!

今日は云わずと知れた防災の日です。関東大震災に因んで今日のこの日が定めら
れたという縁起です。しかし昭和生まれには大正の大地震の記憶はなく、震災といえ
ば阪神と東北がリアルに思い浮かびます。そして最も憂慮すべきは原発震災、私の
非核の焦点は今のところ原子力発電所に合わせてあります。じわじわと選挙が近づ
いてくる模様、票欲しさに脱原発を謳い、あがれば覆す義の無い政治家をよーっく
見極めて義を貫く覚悟のある者を選びましょう。 いるのかなあ、そんな御仁・・・

強力なボンドで貼りました。もうはがれないでしょう。
このボンドは関東では 『キンタボンド』 と呼ばれています。





昨年のお正月、この皮草履を履いて益子の造形作家KINTAさんのお宅へおじゃ
ました際、つま先の裏ゴムが剥がれていました。ちょうど作者の曽田耕さんも
いらしていたので、良い糊があったら教えてほしいとお願いすると、これこれの
接着剤を使って下さいと教えてくれました。横で聞いていらしたKINTAさんが、
『良い接着剤があるから今すぐ貼ってやるよ』と申し出てくださり、勿怪の幸い
とばかりお願いしました。そのかわり、一度貼ったら二度と剥がれぬから覚悟
せよとのこと。そんな強烈なボンドがあるのですか?と聞けばホームセンター
の売り場で一等強力な奴を買ってきたのだ、とのこと。覚悟を決めてお願いし、
貼ってもらいました。さすが強力ボンド!一年八ヶ月たった今もビクともして
いません。以来、我々はこの糊をキンタボンドと愛称し、崇めています。

でも正確にはセメダイン社のものですから、ボンドではないんですよねぇ・・・

ま、いっかー。

posted by かまなりや at 17:20| 核は要らない