2012年10月05日

 尺とりカップ


 このカップ、7月3日にロクロで挽いた物です。ついつい
 手を付けるヒマがなく、今頃になってやっと付けました。
 そんなに置いといて大丈夫なの? と、思われるでしょう。
 実は、きちんと養生しておけば案外と平気なのです。

画像の奥にあるのは女将の作品、ご覧の通り、まるっきり作風が違います。私は
細かい仕事がしたい職人気質、かかあは細かいことは気にしない大味派、同じ土
を使っても随分違う物が出来上がります。良い悪いは個々の感性と見る方の主観
ですから、評論は無意味でしょう、作者は誰も良いと思って作っているわけです。
あとは響きあう感性の方と出会うのを待つばかり。このカップは芋乃市場の喫茶
で、コーヒーを召し上がっていただくのに使います。

木にシャクトリ虫が這い登っているイメージで作っています。

posted by かまなりや at 16:42| 焼きもの