2012年12月25日

 アラビヤン


 お昼に 『アラビヤン焼そば』 を食べました。懐かしい
 味でした。思うに日本にはこういった他国の地名を冠する
 食品が多いように思います。商品に個性的な付加価値を
 加味する意図でしょうが、アラビア半島に麺はありません。

デンプン麺の料理を散見しますが輸入らしく、独自の麺類文化は見当たらず、
この商品をアラビア半島の国々に由来があると思っている人は、大いなる勘
違いをしていることになります。まあ、洒落でつけたネーミングですから四の
五の言うのは野暮ですが、ターバンを巻いたキャラクターはいかにもあちら
風で、調味料がスパイシーなことくらいしかそれらしくないのに 『不思議』 と
いうキーワードからアラビヤンとする当時のサンヨー食品担当者たちのおお
らかさが微笑ましくも感じます。まあ、ヱスビーにも 『ホンコンやきそば』 と
いう憎めないキャラクターのついた袋麺がありますが。

他にもアメリカンコーヒーやフランスパンなど、どれも間違いではなくとも和製
英語に他なりません。果ては 『トルコライス』 なんてぇ凄いお料理もあります
から痛快です。海外でもぜひ、トンチキな料理を拵えてジパングミールなんぞ
と名づけて売り出したらどうでしょう。

posted by かまなりや at 16:42| そば・うどん・麺類