2013年01月24日

 ふゆのとり


今年の冬は庭にたくさんの鳥が来ます。渡って来る冬鳥もいれば、留鳥もいて
中々賑やかです。ヒヨドリムクドリキジバトオナガアオジなどの常連組、
気まぐれにやってくるモズシメシロハラ、一日に必ず一度は見かけるツグミ
ジョウビタキ、群れては訪れるシジュウカラメジロエナガ、時折り青く澄ん
だ空にトビがくるくると旋回しています。

 寒の時季の今は野鳥たちにとって一番食べ物が少なく、
 厳しい季節です。ヒヨドリやムクドリは畑の小松菜まで
 ついばんでいました。残していったフンを見てもずいぶん
 不味そうな木の実を食べている模様。自然は厳しいです。

立春を過ぎて陽気が温かくなれば、気の早いシジュウカラ達は囀りを始める
でしょう。そうこうするうちにウグイスも鳴きはじめ、花の時季が訪れます。
鳥も人も、ここが辛抱の為所ですな。 がんばれ野鳥! がんばろう新井町!

posted by かまなりや at 17:18| 自然・花・虫・鳥