2013年03月17日

 みそつき


 昨日、今年の味噌を仕込みました。例年通り大豆二斗
 五升分です。大鍋で4時間茹で、潰し、塩と麹を合わ
 せて樽詰めします。単純な作業ではありますが、量
 が多いので皆で作業を分担して行います。

今は手動ながら豆挽き機を使っていますが、始めた当初は臼杵で大豆を
潰していました。だから今でもこの仕事を 『味噌搗き』 と呼んでいます。

弥生3月の恒例行事となり、これが終ると春だなと実感します。口に
入るのは来年以降ですが味噌を仕込み終えると、とても安心です。

posted by かまなりや at 07:47| 梅干し・漬物・保存食