2013年07月03日

 防 鳥


 地元神奈川の在来大豆 『津久井在来』 を蒔き
 ました。種は信頼の置ける方から頂いた良種、さら
 に大きくふっくらした物を選別し畝幅70p株間10p
 に、この種のセオリーどおりに蒔きつけました。

発芽から子葉の発育期はハトの食害を受けるので鳥除けのネットを張り
ました。トンネル用のフレキシブルが3本しかなく、あとは篠竹で組み立て
ました。いざ網を張ってみるといくばくか長さが足りず、さてどうするべぇと
思案すること1分ほど、その辺にあったポリ鉢用のコンテナでムリフリ開口
部に蓋をしました。職人の性分では、きちんと網を張って仕上げたいので
すがこういういい加減に作るのも始めると面白くなってしまうもので、コン
テナの横の隙間などはその辺に落ちていた竹の枝で適当に格子を組ん
で仕上げちゃいました。

大豆栽培は不得手ですので、どれほどの収量が見込めるかはわかりま
せんが、上手くできたらどんどん増やして、いずれお味噌を作ってみま
しょう。

まずはハトから守って、本葉が出揃うのを待つとしましょう。

posted by かまなりや at 16:51| 修理・営繕・庭仕事