2013年08月06日

 核 離


 このロゴマークのデザインはとても好きです。
 円だけで構成されたシンプルさ、絵でも字でもない
 のに色々に見える広がり、白い丸の奥に潜む空間
 さえ感じます。素晴らしいデザインだと思います。

然しながら2011年の事故以来、このデザインを見ると心がヒリヒリ
します。一説には核分裂反応を象徴したデザインだという輩も見受
けますが、根拠は薄いようです。世界大戦の時代、日本には二つの
原子核分裂の火が兵器として投下されました。何十万の人々が焼き
殺されました。戦争は殺し合いですから、大量殺戮兵器が使用され
るのも無理からぬことと思えば、使用国を恨む筋合いもありません
が、余りに惨たらしい兵器であることは使用国も被爆国も肝に刻ん
だことでしょう。

日本には核兵器はありません。でも、各施設がゴロゴロあります。
爆弾にして落とさなくてもその施設に小さなミサイルでも打ち込め
ばたやすくダメージを与えることが可能です。我々は地震と津波が
引き金とはいえ、たやすく被爆する現実を目の当たりにしました。

『にっぽんをとりもろす』 などと国語も覚束ないニッポンのリーダー
は懲りる様子も無く原子力を輸出するなどと言っています。こんな
大臣たちに任せておいて良いはずも無いのに、国民は選挙であの
人たちを肯定しました。 もう、この国は駄目でしょう。

国を売る勇気も無ければ外国へ移住するお金も無いので、馬鹿ども
の統べる国で淡々と生きるほかありますまい。

手の節と節を合わせて 『ふしあわせ』 な〜む〜

posted by かまなりや at 18:16| 核は要らない