2013年08月24日

 え!


 6月に拵えた字箆目筒物 『え』 が無事に焼き
 あがりました。先達のアドバイスを容れてぐいっ
 と思い切りよく入れたヘラメがとても効果的で、
 貝殻の焼き締めの色と上手くなじんだようです。

細長い壺ですから用途は限られてしまい、花入れくらいしか使い道は
無いでしょう。でも、花が入っていなくてもこの壺は鑑賞に耐えるように
思います。用途を持つからこそ美しいという工芸論は実用に傾斜してい
るように思いますが、眺めることや仕舞って楽しむことも広義で用途と
捕らえるならば、絵画や彫刻のように眺めたり存在を感じたりする楽し
みが陶磁器にもあてはまるのではないでしょうか。

そんな器が焼けて、秋の展示がまた少し楽しみになりました。

関連記事 2013年6月6日 『え』

posted by かまなりや at 15:09| 焼きもの