2013年09月23日

 こもち


 昨日 『夏の反省会』 と称して一席ぶちました。
 石窯ピザやマグロの兜焼きを肴にお酒を楽しみ
 ました。メインは画像の鮎の塩焼き、今頃のメス
 はお腹が子でパンパンです。

俗に 『落ち鮎』 と言われ、産卵で河を下る固体のため身は痩せ味
は落ちるなどと言われますが、どうしてどうしてこの子持ち鮎の滋味
は侮れません。夏の走りの鮎の香りが甲で特等ならば、秋の鮎は
まさしく 『乙』 燻し銀の一等です。

お彼岸真っ只中、昨日は充分に滋養を取って気を養いました。

果報。果報。

posted by かまなりや at 18:05| 水・酒・食材