2013年11月06日

 やまぐちや!


 無事、北関東出張から帰ってまいりました。
 今朝は宿所近くの 『道の駅みかも』 に行っ
 て、お野菜どっさり買ってきました。蕪や大根
 ハヤトウリもあったので買い込んできました。

そして、やはり良かった 『山口晃展』 群馬県立館林美術館は多々
良沼公園の一角にある大きくてきれいな美術館でした。画業(ほぼ)
総覧と題された展示は、芸大時代から現在までを時系列に沿って展
示されており、あの 『すヾしろ日記』 の原画も見ることができました。

山口さんは自らを山愚痴屋諦堂という版元にたとえ、自分をも客観的な
キャラクターとして絵の中に介在させて、絵を観る人を案内します。そん
な洒落は随所に散りばめられ、俯瞰した絵には雲が漂い、今昔の時空を
ない交ぜにした不思議な空間を描き出します。そして、その緻密な書き
込みぶりは一枚書くのにどれだけ時間をかければ気が済むのかと、呆れ
てしまうほど。日本画の様でも有り、版画の様でも有り、漫画の様でも
ある絵は、隅から隅まで拡大鏡で眺め回したくなる風景画でもあります。

また、すヾしろ日記を引っ張り出して読みたくなりました。

子の字引留行形柱

posted by かまなりや at 16:56| 時候・紀行・鑑賞