2014年01月04日

 young men


 昨日、お餅つきを手伝ってくれた仲間と
 新年会を催しました。午後3時からの会
 でしたが倅の同級生二人が早めに来て
 薪を割ってくれました。

まだ3日ですから大きな音の出るチェーンソーは使わず、切りっ放し
になっていた丸太だけを捌く小一時間の作業ですが、ざっと一週間分
は薪ができました。さすがに若い者は元気な力が溢れています。

明日は 『寒の入り』 寒さも本番です。ストーブを焚くのは楽しく
暖かですが、薪が減っていくと言いようの無い心の寒さを感じます。

カズヤ君、カズキ君、どうもありがとう。

posted by かまなりや at 17:25| 時事・私事・家事