2014年01月20日

 ふゆごもり


 昨年の12月中頃から居間の天井際角の壁
 に住み付いたアシダカグモの 『ナオキ』 は、
 一ヶ月経った今も同じ場所でじっと冬越しを
 しています。段々、情がうつってきました。

夜行性だからか夜はたまに動きますが、日中はほとんど動かずに
まるで飾り物のようです。採餌もせず、じーっとしている姿はいっそ
健気で、何か餌をやりたくなる衝動にかられますが、これがこの生
物の越冬の正しい姿なのですから好物のチャバネゴキブリなどを
ちらつかせても知らぬ顔でありましょう。

今日は大寒、春までまだもう小ひと月あります。アシダカのナオキ
さんよ、居心地がいいのであれば遠慮なくココを越冬地として、我々
人間の世界を高みの見物して下さい。 もうすぐ都知事選ですし。

関連記事 2013年12月13日 越 冬


posted by かまなりや at 16:47| 自然・花・虫・鳥